太阳在线玩游戏·(1382cm-NCS认证)官方网站-百度百科

水素エネルギーの応用

Hydrogen application

Integrated station

水素の製造と供給を一体化したステーション

Scene

応用の場面

現在の安定したメタノールの供給システム、天然ガスパイプライン網、太陽光発電、CNGとLNGのガスステーション等の施設を利用し、水素の製造と供給を一体化したステーションを建設或いは改造することができる。ステーション内で水素を製造させ、その場で供給することによって、輸送作業を減らし、水素の製造、保存、輸送に掛かったコストを削減する。水素の製造と供給を一体化したステーションを通じて水素の最終価格が抑えれれ、水素ステーションが商業モデルから商業運営にシフトする家庭に利益を確保する最も良い道である。

水素ステーションの建設エリアの製造原料の供給状況を考慮し、ステーションの敷地内で燃料電池用の標準水素を製造させる。出来た水素ガスを20MPaまで圧縮してから一級保存する。さらに45MPaまたは90MPaまで圧力を上げ、水素供給機を通じて燃料電池自動車にチャージする。同時に一次保存の端末に20MPa級の長いパイプを利用して、他の水素ステーションに水素を輸送する。特に大都市の郊外で水素の製造と供給を一体化したステーションの建設を薦め、都市の中心に普通の水素ステーションを建設し、このエリアに水素供給の親子総合水素ステーション網の構築に最適である。

水素の製造と供給を一体化したステーションは特に鉱山用大型トラック、物流団地の貨物車及び旅行路線バスに相応しい。

Form

システムの構成

システムの圧力:
塩素製造装置の出口の圧力2.0MPag
水素保存の圧力20MPag或45MPag
注入時の圧力35或70MPag
関連システムの所要面積:3400m262x55mそのうち:
250Nm³/hに500kg/dの水素ステーション8x10m(プラス周辺美化推定8x12m)
500Nm³/hに1000kg/dの水素ステーション7x11m(プラス周辺美化推定8x 12m)
安全距離は GB 50516,GB50156,GB50177 に準ずる

Advantage

技术优势
  • 一体化水素製造技術の特徴

    水素製造設備はモジュール化され、高度に集成され、現場で行う組み立て作業の量が少ない。

    所要面積が少ない、現有のCNGガスステーションを改造すれば、水素の製造と供給を一体化したステーションに変身する可能性が高い。

    従来の工場型水素製造装置と異なり、全部の設備の高度が低い。

    設備の自動化レベルが高い、人への要求が少ない。

    自主的に「広温クロム抜き水蒸気変換触媒」を開発し、活性化温度が低く、活性が良い。クロム抜きの配合は環境にやさしい。適用する温度の範囲が広い、220℃から450℃で。触媒の生産過程に硫黄が含まず、水素は燃料電池自動車用が水素への要求を満たしやすい。

  • 圧縮設備の技術特徴

    ダイアフラム圧縮機を利用し、水素を汚さず、水素の純度が高く、燃料電池の要求を満たした。

    ダイアフラム圧縮機の適用圧縮倍率が高く、二段圧縮を通じて、水素ステーションの高圧保存の要求を満たすことができる。圧縮機の機種が簡単である;

    圧縮機の機種は簡易で、移動しやすい、現場での据え付けが簡単になる。

    沢山の国産ダイアフラム圧縮機を用意している。関連産業の良性的な発展を推し進める。

  • 水素保存装置の技術的な特徴

    国産の良質な高圧水素保存瓶を使って、水素を保存する。一つの保存管の容量は1m3から2m3ぐらいで、容量が多くて、信頼性が高い。

    多段水素保存法を導入し、需要によって3級、4級を分け、水素保存瓶の利用率が高い。

  • 水素入れ及び冷却システムの特徴

    国内の成熟したメーカーの水素設備を利用し、精確に計量でき、水素注入の速度が自動的に制御され、安全性が高く、水素注入の操作が簡単である。

    冷凍機は移動式、所要面積が少ない、冷水温度が-30℃から10℃まで調整でき、対応できる範囲が広い。

  • システムの特徴

    コンテナ移動式設計、集成度が高く、所要面積が小さい。

    統一された知能制御システム、自動化のレベルが高い。

    操作に柔軟性があり、作業中でも待機できる。

    現在の天然ガスステーションが改造、拡大できる。普及しやすい。

    水素のコストが安い:30元/kg以下である(天然ガス価格は2.5元/Nm3)

Cooperation

商業協力
  • 共同出資建設
  • 運営管理
  • 設備を購入
XML 地图